イベントレポート |  言いたい放題 |  踊り部通信 |  ハンガリー民俗舞踊小事典
昨日: 今日:
合計:

踊る場の方向性 (引越し記事:2000/1/14)
年末年始のタンツハーズシーズンが終わって、一つ思ったことがあります。
踊り部のタンツハーズでも、何とか自然にできないかなぁと思いつつ、少し工夫はしたつもりだけれど、結局はうまくはいきませんでした。

日本では、踊り手は、どうしてもその会場の中できれいに分散して踊りがちですよね。自分たちと回りとの前後左右の距離を均等に保ちながら、ぶつからないように踊ってしまうのが常です。その結果、その踊りの場全体としては、どちらが前でもなく後ろでもない状況、つまりその踊る場は、方向性や密度の変化がない、均質な場になっています。別の見方をすると、全ての人に平等な場を、全員で作っています。

一方で、現地の村にいくまでもなく、ブダペストのタンツハーズでも、踊りによっては、その踊る場に、はっきりとした前と後ろの方向性があります。そして、多くの人は前に集まりたがるので、前はぎゅうぎゅう詰めとなり、後ろは閑散としているという密度の変化が見られます。踊り手はどこに位置するかによって、踊り方や立場が変わる、もしくは変えるわけです。

もちろん、ここで日本の場のでき方が間違っていると言うつもりは全くありません。ただ、踊る場に前と後ろという方向性ができることによって、より躍動感のある(ダイナミックな)タンツハーズを楽しめる可能性があるのを放ってて置く手もないと思うのです。

とりあえず、この違いはどこから来るのかと言えば、誰でも思いつく通り、演奏家がそこにいるかいないかでしょう。演奏家に近いところが前、離れたところが後ろなわけです。多くの人は、演奏家のいい音を聞きたい、見たい、コンタクトしたいという気持ちで、前に集まるのだと思います。そして、残念ながら日本のタンツハーズでは、一般には演奏家はいません。踊り手が前に集まる動機付けがありません。あきらめるしかないのかなぁ。

とあきらめる前に、ダイナミックなタンツハーズの魅力をもう一度考えてみると、それは、タンツハーズの楽しみの世界が、個々のカップルという小さな世界から、その踊る場全体に広がるということでしょうか。例えば、メゾシェーギ・タンツォークで、速いテンポになってきた時に、踊り手が自然と前に集まり、それぞれのカップルが交替で得意技を披露しあう、というのは踊り手同士、踊り手と演奏家との掛け合いを含めて、結構エキサイティングな状況です(こういう踊り方が現地の村で行われているかどうかは知りません)。それに比べて、現在のような等質な踊る場は、まるで、練習、もしくは踊り込みを延々としているようでもあります。カロタセーギ・レゲーニェッシュがかかっても、踊り手の位置と向く方向は、人によって異なるし、同じ人でも変わっていくのをよく見ます。

そうした状況は、兎にも角にも演奏家がいないとできない、でしょうか。また、故意に方向を決めて(演奏家もいないのに)前に集まったら、不自然でおかしいでしょうか。私は、必ずしもそうは思いません。踊り手がそういう踊り方を知らない、知っていても仕掛けない、という意識の問題が大きいと思います。逆に、演奏家がいるタンツハーズでも、誰かが率先してリードしない限り、踊り方はかわらないでしょう。踊りそのものも、また、踊り方も、私は意識的に模倣することが大切だと思っています。

まあ、試しに、だまされたと思って、やってみませんか。特に、そういうタンツハーズを体験している人、次のタンツハーズでは、仕掛けてみませんか。■


Like
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
by odoribe | 2001-01-07 00:00 | 言いたい放題 | Comments(0)
<< ハンガリー・ジプシー公演(1)...     "TANC MÛVÉ... >>
カテゴリ
トピックス
最新のコメント
最新のトラックバック
講習会情報
from Tanchaztalalko..
朝日堂の「げんこつパン」
from まろまろ記
ステキなクラシック音楽で..
from 癒しのクラシック音楽
GW8日目~LFJ4日目~。
from 『こたつ』の音楽日誌
Taraf de Hai..
from 楽しい音楽を聴く♪
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 10月
2001年 09月
2001年 02月
2001年 01月
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イベントレポート |言いた い放題 |踊り部通信 |ハンガリー民俗舞踊小事典 |copyright2003 odoribe